kanpinue

  

101230.jpg



只今、大掃除の真っ最中。
普段からマメにしておけば、こんな思いをしなくて済んだのに…
と、確か昨年も思っていたはず。
人として成長してないのだろうね。

そんな訳で、まだまだ一年を振返る事はできず…。




category: ヤエユーカル

tb: --   cm: --

  

101228.jpg


昨日は急遽予定を変更し、またしてもキレンジャクを撮りに出かけた。
好条件で撮影できる事はなかなか無いので、撮れる時に撮っておこうかと…。
今日から大晦日まで、天気予報は雪…。
ちなみに現在、窓の外は猛吹雪。
時々港の鳥をチェックしながら、雑務を片付けてしまう事にしよう…。


写真は昨日の朝の霧氷。



category: モンライケ

tb: --   cm: --

  

kiren.jpg



今年最後の取材撮影からの帰り道、街の中でキレンジャクの群れを発見。
巡って来たシャッターチャンスに残っている原稿書きの仕事も忘れ、
寒い中、気が付けば4時間もレンズを覗いていた。

撮影途中、木の下に見覚えのある車が停車する。
降りて来たのは若手自然写真家の宮本氏
彼もこの鳥を追ってここへ来たらしい。


自然写真家の習性…。

そんな事を考えて、思わず一人笑いしそうになった…。






category: モンライケ

tb: --   cm: --

大雪…  

101223.jpg



朝、ブラインドを上げると窓の1/3ほどが雪に埋まっていた。
気象庁のアメダスで積雪深を調べる。
広尾は51cm。なんと、道内5番目の数値。

雪かきの事を考えると憂鬱になる。
運動不足のうえに、増殖傾向にある脂肪細胞のおかげで最近腰が痛い。
せめてお腹周りが少しでもスリムになればやりがいもあるのだが、
全身筋肉痛が関の山である。

年はとりたくないね…




category: ヤエユーカル

tb: --   cm: --

出展します! 9  


Dm.jpg


写真家が行う国際貢献
「第14回写真家達によるチャリティー展」

世界の恵まれない子供たちの幸せを支援するためのチャリティー展です。
プロ写真家のオリジナル作品を一堂に展示し即売します。
収益金は今回、「幼い難民を考える会」(カンボジア)、「ミランクラブ」(ネパール)に寄贈されます。
展示作品は、6切オリジナルプリント(40x40cmフレーム付き)、¥10,000。
お買い上げ作品はその場でお持ち帰りいただきます。

日時:2010年12月17日(金)~19日(日)
   10:00~19:00(最終日は16:00まで)
場所:富士フイルムフォトサロン東京・スペース1・2
   東京都港区赤坂9-7-3 フジフイルムスクエア
企画・運営:フォトボランティアジャパン基金
協力:富士フイルム株式会社 株式会社フレームマン


僕は「写真により、自然と社会に貢献する」ことを理念としている。
もし、僕の写真が誰かの心に留まり、そのうえ誰かの役にたったなら、写真家として、なにより人として、こんなに嬉しい事はない。
売上金は全額寄贈されます。
作品の購入が目的でも、寄付が目的でも結構です。
是非,会場に足を運んでいただけたらと思います。

ー関連リンクー
◎フォトボランティアジャパン基金
◎富士フィルム フォトサロン





category: モンライケ

tb: --   cm: --

出展作品について  

pv01b.jpg


pv02b.jpg


この2点を出品します。
どちらもとても気に入っている写真です。
写真右下にオリジナルサイン入り。(下手な字で申し訳ないのですが…)
ED.No.はありません。

御購入いただけましたら幸いに存じます。







category: モンライケ

tb: --   cm: --

普段の行いがいいのかな…  

11日、帯広から帰宅途中の出来事。
昼過ぎから降り始めたみぞれ混じりの雨は、夜になり気温の低下と共に凍り始めた。
路面はブラックアイスバーンを通り越し、スケートリンクと変わらない状態。
60km/hで走行していたのだが、アスファルトの轍が原因でスリップ。
200m位はカウンターを当ててなんとか体勢を保ったものの、前方に迫るカーブを目にし、やむをえずブレーキを踏んだ…。


101214.jpg


対向車もなく、路肩に標識やガードレールも無し。
人・車、共に無傷。
まさに不幸中の幸い…。







category: ヤエユーカル

tb: --   cm: --

クリスマス特集  

chai12.jpg


地元の新聞社、十勝毎日新聞社で発行しているフリーマガジン、
「十勝の生活応援マガジン ちゃい」
配布エリアは管内限定ながら、発行部数は135,000部!と下手な月刊誌よりはるかに発行部数が多く、ここ十勝では知らない人はいないと言っても過言ではないほどの知名度を誇っています。
(十勝での広宣活動をお考えの企業さま、ここは効果抜群です!)
さて、今月12月号はクリスマス特集!
クリスマスと言えばサンタランド、サンタランドと言えば広尾町。
そんなわけで、巻頭特集と表紙、企業広告用カットの撮影を担当させていただきました。

表紙のサンタクロースは保育所からの幼なじみ。
数年前、自分がサンタクロースである事を悟ってからというもの、事あるごとに仮の姿であるホテルの若旦那の業務をすっぽかしてはサンタ活動をし、その度に女将に小言を言われている肩身の狭いサンタクロースです。
今回は「十勝の子供達のために」と、女将の小言も気にせず大役を引き受けてくれたわけですが、「嫁との約束」があるため、撮影終了後は足早に帰宅していきました。
そう、やっぱり肩身の狭いとても心優しいサンタクロースなのです…w


サンタクロースの仮の姿が見れる宿です。
http://www4.plala.or.jp/murakami/



category: モンライケ

tb: --   cm: --