kanpinue

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

タンチョウ近況 その2  

最南端で繁殖している二組のタンチョウの番のうちのもう一組。
こちらは今のところ無事に雛が育っている様子。

130726s.jpg



スポンサーサイト

category: モンライケ

tb: --   cm: --

鹿肉  

Hills 003


ハンガリー人の一流シェフが作る鹿肉のソーセージ。
わずかに香る鹿肉特有の風味が絶妙なアクセントとなり、独特の美味しさだ。
このソーセージに使われている肉は、実は鹿肉100%ではなくポークも混ぜてあるのだとか。
その理由については、ここに書くまでもないだろう。

北海道では近年、増えすぎたエゾシカを資源として利用しようとする動きが活発だ。
各自治体や団体ごとに知恵を絞り、ハンバーガーやコロッケ、面白いところではドッグフードなど、様々な商品が開発されているのだが、どれもまだ世間に広く周知されてるとは言いがたいのが現状だ。
理由は様々あるようだが、単純に「価格」や「味」そのものがネックになっているように思う。

ドイツやハンガリーでは、鹿肉を始めとする野生動物の肉は、高級レストランで特別に食す「最上」の肉とされているそうだ。ならば調理法をはじめ様々な活用の仕方を、ヨーロッパの文化から学んでみるのも一つの方法だろう。
前述のハンガリー人シェフなら、鹿肉の食し方について知り尽くしているに違いない。



category: モンライケ

tb: --   cm: --

タンチョウ近況  

最南端で繁殖している二組のタンチョウの番のうちの一組。
例年なら、親鳥より一回り小さいくらいにまで成長した雛が一緒にいるのだが、残念ながら今年は子育てに失敗したようだ…。


130716s.jpg



category: ヤエユーカル

tb: --   cm: --

写真展のご案内  

- Photo Quintet 2013 -

十勝に住み、十勝を撮る写真家5人による写真展です。

期間:7月15日(月)~8月15日(木)
会場:北海道ホテル1Fロビー


*5人の写真家によるトークイベントを7月29日(月)に15時〜16時30分で北海道ホテル・ポロシリの間にて開催します。
チケット1,000円(コーヒー・ケーキ付)
※チケットはすでに完売しました。

モデレーターは坂田謙司(立命館大学教授)です。

<出展写真家>
・戸張良彦(帯広市)
・浦島久(帯広市)
・辻博希(広尾町)
・宮本昌幸(芽室町)
・岩崎量示(上士幌町)

<プロデューサー>
松井由孝(元百年記念館館長)

<アドバイザー>
・岡田良博(写真工房代表)
・小藤田直道(弘文堂社長)
・佐竹修一(ソラリンク代表)

tobari.jpg
「 つれ-づれ 」 戸張 良彦


miyamoto.jpg
「本日のえぞりー召し上がれ♪」 宮本 昌幸


iwasaki.jpg
「幾星霜 〜『タウシュベツ拾遺』より〜」 岩崎 量示


urashima.jpg
「Elm Tree Stories」 浦島 久


tsuji.jpg
「Wild-scape」 辻 博希




category: モンライケ

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。