kanpinue

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

痕跡  

10090801.jpg

親子連れの足跡。
普通に考えて、メスの成獣一頭と幼獣。
足跡は雨の跡を消して着いている。雨がやんだ時間から逆算すると、出没したのは36時間以内ということになる。


10090802.jpg

サケを食べた跡。


10090803.jpg

同じくサケを食べた跡。石に無数のウロコが付着している。
周辺に食べ残しが無いことから、遡上が始まった直後は捕獲したサケのほとんどをヒグマ自身が食べてしまうようだ。
上の食痕もそうだが、雨にあたっていないので、おそらくは足跡をのこした親子連れのものだろう。


10090804.jpg

上の河原から3kmほど奥の林道。
食べているのは殆どが植物だった。
こちらは乾燥具合から24~12時間以内の物と思われる。


日もどっぷり暮れた帰り道、真っ暗な林道をのろのろと車で走っていると、路肩の笹薮から突然黒い物体が運転席の1メートル横から飛び出し、数メートル並走して僕が絶叫するのと同時に笹薮にダイブした。
危うく、ヒグマを轢くところだった…。

親子連れの足跡の場所から1kmほど下流だが、単独だったので別個体と見るのが妥当だろう。
わずか4kmの間に、4頭のヒグマが棲息している可能性が高い。
なかなかの密度である。





※全て RICOH CX3

category: モンライケ

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。