kanpinue

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

充実の鳥見  

昨日、愛知から鳥を見にお越しのお客様をガイドさせて頂きました。
お客様の要望は、エゾフクロウ・北でしか見られない水鳥。
そこで、フクロウがいる森の所有者に確認すると、いつも利用している塒に入っているとの事。
早速案内し、まず目的を一つ達成する。

エゾフクロウ
eo.jpg


その後、港に移動し水鳥を観察する。
ここでは当たり前に見られるクロガモ・シノリガモは、実は関東以南ではなかなかお目にかかれない種なのだ。岸壁に車を停め車内から観察していると、鳥達がどんどん近づいてきた。近距離・順光という好条件でじっくりと観察、写真にも残す。
そのうち、オオハムが出現。
この鳥も車のすぐ傍までやってきてくれて、観察・撮影する事ができた。

オオハム(冬羽)
oh.jpg


昼食をとり、海岸線を南下する。
途中オジロワシ・ワシカモメを観察しながら小さな漁港へ着くと、ミミカイツブリがスズガモに混じり浮いていた。ミミカイツブリはここでは初である。この鳥も近距離で観察・撮影する事ができた。

ミミカイツブリ(冬羽)
mk.jpg


更に南下しヒメウを観察する。
その後帰路についたのだが、途中の丘の上でケアシノスリがホバリングしていた。
この鳥も比較的近い距離で観察・撮影する事ができた。

と、この様な内容で、実に充実した一日でした…。
一人で走っていても、これほど観察できる日はめったに無い。
今回のお客さまは、相当な強運の持ち主のようです。
御夫婦揃って素敵な笑顔で、優しく暖かなその人柄に、北海道の自然も心を許してくれたのかもしれませんね…。



エゾフクロウ
Strix uralensis japonica
フクロウ目フクロウ科
エゾフクロウは1亜種

オオハム
Gavia arctica
アビ目アビ科
主に北方に生息。日本には冬鳥として飛来する。

ミミカイツブリ
Podiceps auritus
カイツブリ目カイツブリ科
この鳥も主に北方に生息し、日本には冬鳥として飛来する。


category: モンライケ

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。