kanpinue

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

訪問者  

毎年、軒下のほんの僅かな隙の中でスズメが子育てをしている。
どうやら今年も準備を始めたようだ。

suzume.jpg

昨年のちょうど今頃、朝に車のフロアマットを洗い、物干に掛けておいた。
昼頃に見ると、掛けて折れた一番上の部分の毛が、奇麗にむしられていた。
そう、犯人はスズメ。
マットの毛をむしっては、巣に運び入れていたのだ。

それを見てちょっと実験をしてみた。
捕食者になりうる猫の毛を、はたしてスズメは使うのか?
そこで早速愛猫をブラッシングし、抜けた毛をベランダに置いてみた。
結果は、見事使った。

猫の毛はブラッシング直後のものを使用したので、人間がかいでも解る程、猫の匂いがしていた。にもかかわらずスズメが使用したという事は、スズメは嗅覚が弱い、もしくは雛を育てる上で匂いは何ら影響しないのだろう。もしかすると危険察知に嗅覚は関係していないのかも知れないな…。

そもそも猫の毛の匂いがじきに消えてしまうとしたら??
ただ巣材を提供しただけかも…。

その後、これに関する実験は行っていない。
そんな訳で、結論は未だ出ずじまい…w



スズメ
Passer montanus
スズメ科スズメ属スズメ
人間にとって最も馴染み深い野鳥の一種である。








category: ヤエユーカル

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。